住宅購入Q&A住宅購入Q&A

住宅購入ってお金がいくらかかるの?
どうやってはじめたらいいの?
お客様ひとりひとりに会ったベストなこたえを、
エージェントホームが見つけます!

マイホームと賃貸、結局どちらがお得なの?

じつは、月々の住宅ローン返済は、賃貸の家賃とほとんど変わりません。ただ、大きく異なる点がひとつ。それは、マイホームの場合は、家賃という無駄な出費の代わりに住宅ローンを完済することで、家と土地という資産が残るということです。 また、気密性・断熱性に優れた最新の設備を備えた住宅は、月々の光熱費を大幅に抑えられるというメリットがあります。

マイホームのメリット
マイホームを資産として残せる
月々の光熱費を抑えられる
賃貸のメリット
気軽に引越しできる
維持費がかからない

自己資金があまりない‥‥。
頭金を貯めてから買うほうがいいですよね?

頭金を貯めている間に借りている家の家賃をどのように考えるかがポイントとなってきます。頭金を貯める間に支払い続ける間の家賃出費は、住宅購入費にはなりません。また、数年後、確実に貯金ができているのか、土地や建物価格の変動、消費税増税などで購入価格自体が現在と違うこと、金利の上昇リスク、完済年齢がそのぶん先延ばしになる・・・これらのことも考慮に入れる必要があります。 例えば現在30歳、家賃6万円にお住まいで、2500万円の住宅を購入
今すぐに頭金無しで購入する場合と
②5年間で500万円(住宅購入価格の2割)を貯めて購入する場合の比較

価格表注釈
※金利については、フラット35の金利動向を参考にしています。
※土地代金に消費税はかかりません。

「セレクト住宅」って注文住宅とは違うの?
結局、何を選べば正解なの?

「セレクト住宅」とは、建築家が設計した数百種のプランの中から自分にぴったりのプランを選び、気に入った土地に建てる、新しい住宅の選び方です。

フルオーダー
(注文住宅)
設計から仕様まで
自由度の高い
オリジナル住宅
セミオーダー
(注文住宅)
自由な設計をベースに
仕様は一定の制約で
決められている住宅
セレクト住宅
(規格住宅)
あらかじめ
間取りと仕様が
決められている住宅

エージェントホームが自信をもっておすすめするのが、アトリエ建築家のプランから好きなプランを選べる「ADM」。きっと、ご家族にぴったりのプランが見つかります。

土地を見ても、ピンと来ません‥‥。
現地では何を見るべきですか?

一見陽当たりの悪そうな北向きの土地でも、そこに合うプランを見つければ明るく過ごしやすい家も建ちます。また土地の形状、方角、面積といった基本データだけではなく、駅や学校、スーパーなど生活に必要な施設など、周辺についてもチェック!

チェックポイント

土地の基本データ
隣接の土地・建物
土地の形状・方角・面積
地盤・ハザードマップ
周辺環境データ
駅から、職場からの距離
日常の買い物などの利便性
学校・病院など

購入なんてまだまだ先。
「とりあえず見るだけ」でもいいですか?

もちろん、見るだけでもOKです。マイホームは、一生に一度の出逢い。まずは実際に見てみて、それからじっくり計画を立てていきましょう。「見学予約」というと大げさに聞こえるかもしれませんが、すべてのお家にスタッフが常駐しているわけではないので予約が必要となります。ご見学希望の際はお気軽にご予約ください。

住宅ローンを組むメリットは?

「団体信用生命保険」に加入できます。

住宅ローンを組むと、契約者が死亡または重篤な障害・疾病になった時ローン残高を保険でまかなう「団体信用生命保険」に加入します。万が一が起きたとき、家族にマイホームを資産として残すことが出来ます。

ローン残高

払った住宅ローンの一部が家族の元に戻ってきます。※

住宅ローンを組んで家を買うと、10年間にわたり所得税が優遇されます。ローン残高の1%について、40万円を限度に所得税と住民税(一部)から控除されるので、払い続けるだけの家賃と違い、支払った一部が返ってくるというメリットがあります。※2021年12月までに自己の居住の用に供した場合
主な条件
①床面積が50㎡以上であること
②借入金の償還期間が10年以上であること  他、年収上限など諸条件あり
詳しくはスタッフにお問い合わせください

後悔しない家選びの秘訣は?

マイホームを買う場合、いろいろな夢や希望がどんどん出てくることでしょう。でも、予算がある限り、残念ながら全てを満たすのは難しい・・・。そこで一歩踏みとどまり「希望の優先順位」を見直すことが大切。目の前の「条件」や「モノ」だけにとらわれずに、どんな暮らしがしたいのか、私たちと一緒に考えましょう。

イメージイメージ

まだまだ子供も小さいし‥‥
購入時期って、いつがベストなの?

「35歳までには・・・」「子供が小学校に入る前には・・・」「2人目が生まれたら」。そんなふうに、購入時期を家族のライフイベントに合わせて、なんとなく考えていませんか?住宅は高額のため、消費税率の引き上げに伴う購入時の負担が大きく資金計画に影響します。2019年10月1日以降に引き渡しを受ける住宅は新たな税率10%が適用されます。また、金利の変動や、税制優遇、ローン控除など、住宅取得には様々な要素が影響します。

消費税消費税